IMAGE
企画・管理事務部門 企画・管理事務部門 海外事業 C.T.さん (入社:2013年度) 一覧に戻る

フィード・ワンを世界企業に ベトナム・インド… フィールドは世界へ

仕事内容を教えてください。

当社は、現在ベトナムとインドに関係会社を有しております。私が所属している海外事業室は、海外事業の強化を目的とし、当社をグローバル企業として成長させるための役割を担っています。その中で私は、インドのJV企業(ローカル企業と当社が出資し新しく立ち上げた会社)の管理を担当しています。まだ立ち上がったばかりの会社ですので、製造・販売・管理など当社からのあらゆるサポートが必要です。そのため、関係する各部署と連携し、テレビ電話での打合せや、実際に現地にも足を運ぶことで、経営のノウハウを伝えています。世界を相手に、現地スタッフ・上司の支えのもと、日々奮闘中です。

机上だけでない現地の空気を感じられる環境

この仕事のやり甲斐・楽しみは?

自分の仕事が日本を越え、インドに繋がっているという貴重な経験をさせて頂き、充実した日々を送っています。インドの出張では、地元の飼料販売代理店や販売対象魚種のエビ・鯉の養殖場、建設途中の水産飼料工場を訪問し、インドと日本の商習慣や文化の違いを肌で感じることが出来ました。現地スタッフと直接コミュニケーションを取ることにより、日本からのメールのやり取りもし易くなりました。
当室では海外出張も多い為、各国の色々な話を聞けることも楽しみの一つです。当社の中でも、最もグローバルに活躍できるやり甲斐のある部署です。

PROFILE IMAGE
PROFILE

文系出身。
海外事業室というグローバルな部署で、インドのJV企業の管理を担当している。テレビ電話や実際に現地に赴くことによって、あらゆるサポートを行うことが主な業務。海外とのやり取りは予想もしなかった事態になることもあるが、毎日が貴重な経験の連続。
学生時代飼料に興味を持つきっかけにもなった乗馬は、現在も続けている。

IMAGE1
インド・西ベンガル州のエビ養殖池にて

和の心を英語でどう伝えるか

仕事をする上で心掛けていることは?

英文でのやり取りが多い為、自分が伝えたいことを正確に伝えられるような文章・表現を心掛けています。
専門用語も多く、細かなニュアンスの違いもあるため、相手に正確に伝えるのは容易ではありません。小さな認識のずれの積み重ねが、大きな認識のずれとなりますので、実際に上司が書く英文メールを参考にしながら、英語の文章や表現方法を勉強しています。

馬術部で馬が食べていた配合飼料

志望動機・入社理由を教えて下さい。

“飼料”というものが身近な存在で興味を持った為です。私は、小さい頃から動物が好きで学生時代は馬術部に所属していました。馬術部では馬の主食である粗飼料(乾草)や配合飼料を与えており、"飼料"と常に関わっていました。そのため、配合飼料業界にも興味を持ち就職活動を行ってまいりました。就職活動時に当社を訪れた際のアットホームな雰囲気に魅かれたのも入社理由の一つです。

IMAGE2

2年目の時から海外出張と経営管理

FEED ONEで働く魅力を教えてください。

若いうちから活躍できる職場環境があるところです。私は現在、インドで立ち上がったばかりの会社の経営管理を担当させて頂いております。まだ一人では判断できない事も多いですが、その都度上司と相談し教えてもらい、また、何度も現地出張をさせて頂き現場を知る機会を得ています。会社として海外事業の強化を目指している中、このような重要な業務を任せてもらえることが当社で働く魅力の一つだと思います。

IMAGE3

ICONこれから就職活動に挑む学生の皆さんへ

就職活動期間中は辛く大変なことも多い時期ですが、様々な業界を知る・自分のことを見つめなおす・様々な人と出会うチャンスでもあるので前向きな気持ちを忘れずに頑張ってください!
皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています!

ICON一言インタビュー

INTERVIEW IMAGE
  • ICON社内の雰囲気を教えて下さい。

    海外事業室は現在は小さな部署の為、各案件をチーム一体となって進めています。
    海外を相手にしておりますので予想をしない様々な出来事が起こりますが、その都度上司に相談し、ご指導頂きながら業務を行っています。

  • ICONプライベートの過ごし方は?

    普段は事務所でのデスクワークが多いので、週末は体を動かすように心がけています。なので、学生時代から続けている乗馬の練習に行っていることが多いです。運動不足な体にはキツイ練習ですが、馬と触れ合えるおかげでリフレッシュできています。

  • ICON最近ハマっていることは?

    最近は馬に乗るだけではなく、馬のモチーフのグッズ集めにはまっています。意外と探しても見つからない為、見つけるとすぐに買ってしまいます。

  • ICONこれからの目標・将来のキャリアプランについて。

    まずは、インドのJV会社の操業に向けた日々の支援をしっかりと行いたいと思います。
    遠く離れた国での事業展開ですので、現場感を忘れずに、フィード・ワンのグローバル化に貢献出来るよう、頑張りたいと思います。

フィード・ワンのひと フィード・ワンの仕事