IMAGE
研究部門 研究部門 分析・品質管理 Y.K.さん (入社:2013年度) 一覧に戻る

「おいしい」の数値化が、あしたの飼料をつくる

仕事内容を教えてください。

品質管理室では、家畜の生育や畜産物の品質を決める配合飼料の分析(一般成分やアミノ酸)や新規原料の使用可否に関わる試験を行っています。その中で私は、製品や原料の安全性を裏付けるカビ毒や農薬の分析、豚肉の肉質検査を主に担当しています。肉質検査では、「おいしさ」の数値化をテーマとして実施しており、生産者に分析結果を直接フィードバックすることもあります。また、得られた結果を他部署と共有することで、飼料の配合設計改良にも繋がり、高品質な畜産物を生産することも可能となります。

イメージとのギャップを楽しめる

この仕事のやり甲斐・楽しみは?

多くの人と接点を持てることです。「品質管理」と聞くと、実験室にこもってひたすら分析をしている印象があるかと思いますが(私も入社するまでそう思っていました)、営業、原料部、工場など他部署とのやりとりが欠かせないため、思いのほかアクティブな部署であると感じています。
そのほか、分析結果の納期管理や新しい分析手法の確立など、プレッシャーを感じる場面もありますが、若いうちから仕事を任せてもらい、頼りにしてもらっていることがやり甲斐につながっています。

PROFILE IMAGE
PROFILE

理系出身。
会社説明会で聞いた、「食を底辺から支える仕事」という言葉に魅かれ入社。中央研究所で製品や原料の安全性を裏付けるカビ毒や農薬の分析、豚肉の肉質検査を担当。プレッシャーを感じる場面もありつつ、若いうちから任せてもらえる環境にやり甲斐を感じている。
休日は友人と出かけたり実家に帰ったりと、息抜きをする時間に。

IMAGE1

「たかが数字」ではない責任

仕事をする上で心掛けていることは?

当たり前かもしれませんが、研究所として正確な分析値を報告するということです。会社の信頼にも影響するため、分析チームにおいては共通認識のもと業務にあたっています。個人的には、コミュニケーションを取ることを意識しています。もともと人が好きということもありますが、業務上の話だけでなく、プライベートな会話も交わすことで、意見をもらいやすくなったり、仕事がしやすくなるような環境作りを心掛けています。

こんなこと褒めてくれる会社なんだ

志望動機・入社理由を教えて下さい。

食品に関わる仕事がしたいと思い就活に臨む中で、当社の会社説明会で聞いた「食を底辺から支える仕事をしています」という、ストレートで「縁の下の力持ち」的な力強い言葉に魅力を感じました。人事の方や先輩社員が明るい雰囲気だったことと、面接のときに「あなたの字の綺麗さに人柄が表れている」と思いがけない点をほめていただき、一人一人の個性を大事にしてもらえたことが非常に嬉しかったので、入社を決めました。

IMAGE2

フィード・ワンは何色になるのか

FEED ONEで働く魅力を教えてください。

経営統合という場面を迎えて、これまで他社だった方と一緒に働くようになり、やはりそれぞれの「カラー」というものがあるなと感じています。うまくいかないこともありますが、新しい出会いは成長のチャンスでもあると思うので、多様性のあるこの瞬間に身を置くことができるのは貴重な経験であり、魅力でもあると思います。

IMAGE3

ICONこれから就職活動に挑む学生の皆さんへ

ご縁のある就職先が必ず見つかると思うので、周りに感化されず、焦らず・マイペースで就職活動に臨んでほしいです。上手に息抜きもしてください。学業と就職活動を両立させるのは非常に大変だと思いますが、振り返ると青春の1ページになりますので、ぜひ多忙な日々を楽しんでほしいと思います。

ICON一言インタビュー

INTERVIEW IMAGE
  • ICON社内の雰囲気を教えて下さい。

    研究所は女性が多いこともあり、明るいね!と言われることが多々あります。また、支店・工場が近いため、交流も盛んで、開放的な雰囲気だと感じています。

  • ICONプライベートの過ごし方は?

    平日は、お気に入りのドラマや映画をひたすら見たり、時間があれば煮込み料理を作ってみたりして楽しんでいます。休日は、友人と出かけたり、実家に帰って息抜きをしています。

  • ICON最近ハマっていることは?

    デパ地下スイーツを試すこと、お茶会社の新俳句大賞に応募すること。

  • ICONこれからの目標・将来のキャリアプランについて。

    まずは直属の頼れる先輩方に追いつくことを目標にしています。まだまだ力不足を感じているので、キャリアを積んで努力していきたいと思います。また、女性としても輝ける人材となりたいです。

フィード・ワンのひと フィード・ワンの仕事